蒜山産スイートコーン(1箱・10本程度) [商品番号21]

蒜山産スイートコーン(1箱・10本程度) [商品番号21]

販売価格: 2,500円(税込)

重量: 5000g

販売終了

商品詳細

お届けは
7月下旬〜8月中旬です!

2019年の注文受付は終了しました。

受付開始はSNSやメールマガジンで告知しますので、
ぜひSNSのフォローやメールマガジンの登録をしてください。
蒜山のスイートコーン畑の写真

蒜山高原の朝晩の寒暖差が生む甘味は、
農家が作る「逸品」です。

岡山県の最北部に位置する蒜山地域は、標高500〜600mの高原地帯。「上蒜山「中蒜山」「下蒜山」の三座が見下ろす一帯は、冷涼な気候ときれいな水、清清しい空気で知られ、「西の軽井沢」とも呼ばれています。
大山を遠くに見る大地は、太古の昔に大山が噴火して出来た火山灰を含む土、「黒ボク(黒ボコ)」が広がり、現在は様々な農産物を育んでいます。


そんな農産物の1つが、スイートコーンです。
張りのある粒、みずみずしさ、そしてなんと言っても朝晩の寒暖差が生むその甘味は農家が作る「逸品」です。

ご自宅用はもちろん、贈り物としても喜ばれるオススメの農産物です。
※熨斗の指定ができます



美味しく食べるコツ

蒜山産のスイートコーンを持った生産者の写真

まにわSHOPでは
朝どれのスイートコーンを
発送いたします!

スイートコーンは「お湯を沸かしてから採りに行け」と言われるほど、鮮度と甘味が落ちやすい農産物です。
美味しく食べるコツは、何と言っても新鮮なうちに食べること!まにわSHOPでは朝どれの新鮮なスイートコーンを発送いたしますので、お手元に届いたらお早目にお召し上がりください。



皮のむき方

スイートコーンにつきものなのが皮とひげ。鮮度を保つために、このまま出荷されます。 実はひげはスイートコーンの「めしべ」。粒1つにつき1本ついていますが、普通にむくとこのひげがまとわりついて取りにくい! そんなときはこちらの方法でむいてみて♪

ヒゲと皮を一緒に持って一気に引っ張ってね!


調理方法


【茹でる】
たっぷりのお湯を沸かし、お好みに応じて塩を入れて茹でる。

【蒸す】
蒸し器で約10分蒸す。

【レンジで】
お好みの量の塩をスイートコーンにまんべんなくこすりつけ、ラップでくるんで1本につき約3分、ひっくりかえしてもう3分加温する。粒が濃い黄色になっていいにおいがしてきたら出来上がりのサイン。皮がしわになるので、ある程度冷めるまでラップごと置いておきましょう。
※皮ごとレンジ入れ、同じように加熱してもOK(皮も冷めるまでそのままで)

【焼く】
皮が薄いので下茹でしないでも火が早く通ります。魚焼グリルやオーブントースター、炭火などお好みの焼き方でお楽しみください。


ぷりぷりの粒を楽しもう!


スイートコーンを加熱すると皮が膨張し、冷めるときに実が縮み、水分がどんどん奪われて皮にたるみが出来てしまいます。茹でたり蒸したあとは1本ずつぴっちりラップにくるみ、粗熱が取れてから食べましょう。