ひるぜん大根(秀品Lサイズ10本入り)

ひるぜん大根(秀品Lサイズ10本入り)

販売価格: 2,100円(税込)

サイズ: 99

在庫あり
数量:

商品詳細

蒜山大根のイメージ写真

雄大な自然の中で
のびのびと育ったひるぜん大根を、
ぜひご賞味ください!

戦後からスタートした大根栽培

蒜山地域で戦後から始まった大根栽培は、半世紀以上経った今でも脈々と受け継がれ、「ひるぜん大根」の名で自慢の特産品になりました。

ひるぜん大根は、「黒ボク」という火山灰からできたとされる土で栽培されています。黒ボクは保水性と透水性を兼ね備え、きめが細かく柔らかいという特徴を持った土です。そこで育つ大根はストレスなく真っ直ぐに伸びることができ、避暑地として知られる蒜山の冷涼で澄み切った空気、清らかな水に育まれることにより、みずみずしく風味は豊かで甘味のある滑らかな食感となります。


また、冷涼な気候の中で育つので、病害虫が発生しにくく、最低限の防除のみで安全安心な大根となります。緑肥などをたっぷり施用しています。
大根に適した土・気候の中でのびのびと素直に育ったひるぜん大根は、県内外にたくさんのファンを持ちます。

選果作業を経た大根は真空予冷へ

選果の様子

選果場に持ち込まれた大根は洗浄、葉切りなどを経て、一本一本選果員による目視確認が行われます。

冷蔵庫内部の様子

真空予冷とは
空気の圧力が下がると水の蒸発温度が下がることを利用し、青果物に含まれる水分を表面より蒸発させ、蒸発潜熱を奪い冷却する方法です。冷却時間は30分程度と短時間で処理できるため、野菜の呼吸作用を素早く抑制することができ、表面や切り口の余分な水分を蒸発させることで、その後の品質保持にも効果が発揮されます。

葉を落とすには訳がある!

葉がついたひるぜん大根

大根は抜いた後でも「生きて」います。葉がついていると葉の蒸散作用により大根部分の水分が抜けてしまいます。また呼吸する際大根部分のエネルギーも使ってしまうため、早く鮮度が落ちてしまいます。そこで出荷時には大部分の葉を切り落とし、鮮度保持に心掛けています。
葉を根元からきれば良いように感じますが、大根自体に傷をつけるのを避けることと、切り口からも水分が抜けていくので、少し残した葉の部分でそれを防いでいるのです。

まにわSHOPでの販売は、L等級


等級は秀と○秀(優品)があり、階級は大きさでLL、L、Mに分けて出荷しています。適度な大きさで形も良く、味も最も良いとされていますのが秀のLとなります。
まにわSHOPでは秀のLだけをお届けしております。


ご贈答にもどうぞ!


職員もお勧め

組合長もお勧め

岡山の特産品の一つとして、県外の方へのご贈答にも自信を持っておすすめできます。


JAまにわオリジナル大根レシピ

大根の「俺流」サラダ

材料(4人分)

  • 大根・・・20cm程度
  • 大葉・・・4〜5枚
  • 塩昆布・・・大さじ1と1/2
  • 粗挽き黒コショウ・・・適量
  • オリーブオイル・・・大さじ1と1/2

作り方
  1. 大根の皮をむいてイチョウ切りにする。大葉は千切りに。
  2. ボウルに(1)を入れ、オリーブオイルで和える。
  3. 2.に塩昆布と粗挽きコショウを加えて混ぜ、完成!


大根とハムのさわやかサンド

材料
  • 大根・・・適量
  • ハム・・・適量
作り方
  1. 大根は皮をむき、1ミリ程度の薄いスライスにする。
  2. (1)の大根とハムを半分に切る。
  3. ハムと大根を交互に重ねる。
  4. 少し置いてしんなりしたら完成!
※大根の水分が出過ぎないうちに食べてくださいね!


ひるぜん大根の肉巻き

材料
  • 大根・豚しゃぶしゃぶ肉・「やきそばのたれ」(焼肉のタレでもOK)・・・各適量
作り方
  1. 大根は、皮をむき せん切りにする。
  2. 豚肉を広げて、[1]をのせて巻く。
  3. フライパンに、[2]を入れ、蒸し焼きにする。全体に焦げ目をつける。
  4. 皿に盛り、「やきそばのたれ」をかけたら出来上がり!
※ 青シソを一緒に巻いても美味しい!
☆使っている「焼きそばのタレ」はソース味じゃないよ。ひるぜんの焼きそばはみそダレを使った真庭市が誇るB級グルメ なんです!


技あり大根サラダ

材料(4人分)
  • 大根・・・10cm程度
  • わさび茶漬けの素・・・1袋
  • トマト・・・1個〜2個
作り方
  1. 大根を食べやすい長さの千切りにする。
  2. トマトをスライスして皿に並べる。
  3. 1.を2.に載せ、わさび茶漬けの素をかける。
※わさび茶漬けの素はお好みで調整してください。
※大根とわさび茶漬けの素を和えても美味しくいただけます。


居酒屋さん風いくらでも食べられる大根サラダ

材料(4人分)

  • 大根・・・1/2本〜1本
  • ドレッシング
      ・しょうゆ・・・大さじ4
      ・みりん・・・小さじ2
      ・すりごま・・・大さじ2
      ・ゴマ油・・・大さじ4
      ・砂糖・・・小さじ2
      ・酢・・・大さじ4
  • かつお節・・・2パック
  • もみのり・・・ひとつかみ

作り方
  1. 大根は千切りにして冷水にさらす。(スライサーが便利)
  2. 水気を切った大根を皿に盛り、上にかつお節をかける
  3. ドレッシングを作り、(2)にかける。
  4. 下まで浸透したらかき混ぜる。
  5. もみのりを上にたっぷりちらしてできあがり


すこーし豪華な大根おろし

材料
  • 大根、ミョウガ、しらす
作り方
  1. ミョウガ、三つ葉はみじん切りにし、しらすと和える。
  2. 大根をすりおろして(1)にのせ、しょうゆやポン酢をかけていただく。


大根おろしアート



大根のピンクのサラダ

材料(4人分)

  • 大根・・・10cm程度
  • パスタ用のたらこソース(市販品)+刻み海苔・・・各1袋

作り方
  1. 大根を千切りに。
  2. 1.をたらこパスタソースで和え、刻み海苔をかける。
※お好みでマヨネーズ+めんつゆ少量を加えても。


豚肉とキャベツのおろし蒸し

材料
  • 大根・・・10cm程度
  • キャベツ・・・1/4個
  • 豚肉・・・100g
  • ネギ・・・1本程度
  • めんつゆ(3倍希縮)・・・50〜60cc
作り方
  1. 大根をすりおろす
  2. キャベツと豚肉は食べやすい大きさに切り、フライパンに。
  3. 軽く水気を切った(1)を(2)にのせ、めんつゆかけてフタをし、中火で肉の色が変わるまで蒸し焼きにする。
  4. 小口切りにしたネギを散らして完成。
※フライパンごとドン!と食卓に。
※めんつゆの量はお好みで調整してください。
※七味をかけてもgood!


大根と野菜仲間の簡単ピクルス

材料

  • 大根、ニンジン、キュウリなどのお好みの野菜
  • エーコープほめられ酢(らっきょう酢でも可)

作り方
  1. 野菜を食べやすい大きさに切る。
  2. ビンなどに野菜を入れ、ほめられ酢を注ぐ。
  3. 半日ほどで完成!(お好みの漬かり具合になったらお召し上がりください。らっきょう酢の場合は少し時間を短めに)
※写真を撮るときは漬けてすぐがオススメ!


大根の関連記事

 真庭市蒜山地区で戦後まもなくから作られてきた「ひるぜん大根」の今シーズンの出荷が5月28日からスタートしました。
本文はこちら

 真庭市が誇る特産品、ひるぜん大根の播種作業が始まっています。ひるぜん大根は「黒ボコ」と呼ばれる火山灰を含んだ土を用いて栽培。蒜山高原の澄みきった空気と清らかな水に恵まれたひるぜん大根は絶品で県内外に多くのファンを持ちます。
本文はこちら

 蒜山地区特産の大根に付加価値をつけて販売する「蒜山こだわり大根」の出荷が11月1日からスタートしました。出荷初日には蒜山東茅部のほ場で関係者らが初抜き式を行いました。
本文はこちら

 みずみずしく、きめ細やかで真っ白な肌。シャッキリとした歯ざわりと風味、甘味が特徴のひるぜん大根。その歴史は昭和のころから脈々と受け継がれ、今に至ります。
本文はこちら

 ひるぜん大根は半世紀以上作られている蒜山地区の特産。火山灰を含む「黒ボコ」と呼ばれる土と冷涼な気候の中で育った大根は、真っ白でキメ細やかな食感とみずみずしく風味、甘味豊かなのが特徴です。
本文はこちら

 ひるぜん大根は、現在15戸の農家が約22ヘクタールでひるぜん大根を栽培。今シーズンは積雪の影響で例年より約1週間遅れて始まりました。
本文はこちら

 蒜山地区で古くから作られてきた「ひるぜん大根」に付加価値を付けて販売しようと栽培している「蒜山こだわり大根」の出荷が11月1日から始まりました。
本文はこちら