JAまにわオンラインショップへようこそ!

 JAまにわは岡山県の最北西に位置するJAで、北部は蒜山高原に代表される高原地帯、南部は旭川流域に平坦地が広がり、水稲を中心に果樹、夏秋野菜、軟弱野菜などを栽培しています。

 米ではアキヒカリ、ヒノヒカリ、きぬむすめ、ヒメノモチ、野菜ではひるぜん大根、トマト、ミニトマト、えのき茸、夏秋ナス、銀沫、白ネギなど、果樹はピオーネ、シャインマスカット、次世代フルーツ、花きは中四国有数の生産地であるソリダゴ、リンドウなどの生産が盛んです。

 ぜひ、JAまにわの旬の味覚をお楽しみください!

【ご注意】まにわSHOPのメール通知について
※メールの受信設定でmaniwa-s@mn.oy-ja.or.jpからのメールを受け付ける設定にしてからご注文願います。
※Gメール、Yahooメールなどのフリーメールをご使用の場合、当店からのメールが迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。当店からのメールが届かないと思われた場合、そちらもご確認ください。

おすすめ記事

ブランド大根「蒜山こだわり大根」期間限定で出荷スタート!

【2018.11.01】蒜山地区の初冬の訪れを告げる「蒜山こだわり大根」の出荷が11月1日から始まりました。初日には紅葉の始まった蒜山三座を背景に、真庭市蒜山東茅部の大根畑で、関係者ら約10人が初抜き式を行いました。

本文はこちら

銀沫(ぎんしぶき)の販売が11月1日からスタートします!

【2018.10.31】真庭市勝山地区を中心に栽培に取組んでいる山の芋「銀沫(ぎんしぶき)」の出荷が11月1日からスタートするのを前に、10月30日、勝山地区の農業倉庫で今年最初の出荷目揃え会と箱詰め作業を行いました。

本文はこちら

たくさんの苦難を超えて実りの秋がやってきました

【2018.10.09】落合地区でライスセンターを営む武村さん。高校時代に父の稲作の手伝いから始め、ライスセンターをスタートさせて約20年が経過しました。

本文はこちら